2019地クラブシリーズ DOCUS RELOADED+ (HARAKEN) ヘッド性能設計分析

2019地クラブシリーズ 

HARAKENのドゥーカスシリーズのNewモデル

ドゥーカスリローデッドプラス (HARAKEN)の

ヘッド性能設計を検証する

 

ヘッドス性能ペックデータ 

※( )内は過去4年の平均値

重心距離
39.2

実質深度

18.8

重心高

31.2

有効打点距離

22.1

36.5mm

17.8mm

32.5mm

21.9mm

重心角

22.4

LOFT±

4.0

有効打点比率

41.5

スピン±

330

21.3

4.5

40.3%

387pm

LOFT±:表示ロフトに対する上がりやすさ指数

スピン±:フェイス面スポットに対し、フェイスセンターで打った時のスピン量の増減

 

【スペック解説】  ※平均値に対する評価

 

打出性能とスピン量

打出角:平均値やや高め(+0.5度)

スピン量:平均値やや多め(約+60rpm)

 

操作性

重心距離:短い(-2.7mm) 

重心角:標準やや小さめ寄り(約-1度)

フェードヒッター向け操作性能

※少しつかまり過ぎを気にする

 

【性能分析】

重心距離は短く

重心角は大きすぎない

打出角は、ほぼ平均値やや大で

スピンも平均値やや多め 

 

現状の平均値からすると

少しつかまり過ぎは気にする

フェードヒッター向け性能設計と言える

決して勝手に飛ぶような低スピンでもない

 

打点位置を上下にすることによって

打出/スピンをコントロールしたいプレーヤー向け

 

HPを見ると

ロフト展開10度で

可変機能で±1度が可能

 

次回、前作モデルとの比較

 

 

自分のセッテイングに不安のある方

WEB対応の13本のマッチング診断は随時受け付けていますので

詳しくは下記より

https://ameblo.jp/motuchian-pro/entry-12342028696.html

問合せ、依頼は下記より

dftmh823@ybb.ne.jp

 

 

ドゥーカス ゴルフ DCD703 ドライバー Slugger/Slugger Type D カーボンシャフト DOCUS HARAKEN ハラケン スラッガー【ドゥーカス】【ドライバー】

価格:99,360円
(2019/8/12 11:30時点)
感想(0件)

【高反発ドライバー】 ドゥーカス ゴルフ DCD711 ドライバー Slugger Type-D カーボンシャフト DOCUS HARAKEN ハラケン スラッガー【ドゥーカス】【ドライバー】

価格:112,320円
(2019/8/12 11:31時点)
感想(0件)

Source: もっちゃんのゴルフギア)の真髄

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です